医療ローン

健康保険の適用が出来るか?

病院にかかっても、健康保険が使える医療と使えない医療とがあります。ほとんどの医療で健康保険が使えますが、健康保険が使えず全額自己負担になる医療には次のようなものがあります。

 

単なる疲労や倦怠感などでの診察や、美容を目的とした整形手術がありますが、怪我などで顔に傷がついて整形手術を受けるときは、治療目的となりますので健康保険が使えます。

 

身体機能に影響のない先天性の疾患、例えば生まれつきのアザなどには使えません。
また、研究途中の高度の医療の先進医療にも健康保険が使えませんし、予防注射にも使えません。

 

正常な出産や人工妊娠中絶にも使えませんが、母体に影響があるなどでの人工妊娠中絶には健康保険が使えます。そして、健康診断などにも保険が使えないことになっています。

 

また、本来は健康保険が使える病気でも、厚生大臣の指定を受けていない病院などで診察を受けるとかかった医療費が全額自己負担となります。

 

厚生大臣の指定を受けていない病院とは、病院が保険診療の不正請求をしてそれが発覚して厚生大臣の指定が取り消された場合などがあります。

 

また、仕事上の怪我や通勤途中での怪我などは労災を使うようになり、健康保険は使えません。
そのほか、回復の見込みがないものの治療にも健康保険が使えません。例えば、近視や乱視、斜視、色盲などの治療などには使えません。

 

通常予防接種は健康保険の対象外ですが、破傷風などの人に感染する恐れのあるものには健康保険が使えるようになっています。

 

また、保険給付の全部やあるいは一部が制限されて自費で支払うようになるものには、故意に事故を起こしたり犯罪での怪我や病気、けんかや泥酔での事故などがそれに当たります。

 

怪我や病気はいつとつぜん襲ってくるかわかりません。交通事故では自動車保険からの支払いで何とか間に合わせられますが、自転車の事故では自動車保険からの支払いが期待できません。

 

また、最近増えているのが自転車の事故で死亡したり、高度な後遺症になってしまうケースです。自転車での事故が増えているため、警察でも取り締まりを強化しています。

 

ですが、加害者に全く支払い能力がなければどんなに請求しようと払ってもらえません。しかし、病院からはしっかり請求が来ます。

 

このような時や、健康保険が適用できない時の医療費用の支払いで便利なのが、医療ローンです。利息も一般のローンより低く設定されているので、高額医療費などで支払いに困った時は医療ローンからの借り入れをおすすめします。