医療ローン

いくら借りれる?

先進医療はもちろん高額な医療費になりますが、先進医療でなくて保険の効く病気や怪我での治療でも高額な費用がかかることも多いです。

 

また、不妊治療の費用もかなりの治療費を必要とします。
それらの高額な医療費がかかったときに助かるのが医療ローンです。

 

医療ローンは銀行でも取り扱っていますし、民間の金融機関でも取り扱っています。医療ローンの借入限度額は、多くのローン会社で300万円〜500万円となっています。

 

各金融機関によって、違いはあると思いますがだ平均的にはこれぐらいの額だと思ってください。

 

ただし、申込者の年収などによって借入限度額も変わってくるので、審査に通ったからと300万円〜500万円必ず借りれるといった訳ではないので注意して下さい。

 

多くの金融機関で医療ローンの金利を普通のローンより低くしてはありますが、それほど普通のローンと大きな差はないようです。もちろん、金利は金融機関によって差がありますから低い金利設定のところから借り入れをすることをおススメします。

 

美容整形も高額な施術費になるので、多くの人が医療ローンを使っています。クリニックとローンを組むとき、クリニックの使っているカード会社が自分の使っているカード会社と違うときは、クリニックの使っているカード会社のカードを新しく作る必要があります。

 

また、現金で払えるのに、しつこくローンを使うように勧めるクリニックも要注意です。ローンは借金です。当然のことながら金利がかかってきます。

 

ある美容クリニックの例では、施術代を安く謳っておいて、現金では払わせないでローンで支払わせるので結局金利を含めて支払った合計代金が施術代の2倍の金額になってしまったというケースもありました。

 

若い女性がクリニックで整形美容を受けたり、脱毛の施術を受けるケースが増えています。子供のころから毛深くて悩んできて、自分のお給料から施術代を払えるようになって、子供のころからの悩みを解消する人もいます。

 

そしてお給料の中から貯金が貯まるのを待っていられずにローンを組んで整形美容の施術を受ける女性も多いです。

 

脱毛の施術も全身脱毛となると30万円とか40万円などかかるので、医療ローンを利用して受ける方が多いみたいです。

 

美容整形で意外なのは、70歳を過ぎたお年寄りが美容整形を受けるケースです。多くはシワ取りなのだそうです。シワは美容整形で取ってもすぐにまた戻ってしまうのにと思うのですが、取ったばかりの顔はやはりキレイに見えるので、施術をして満足して帰っていくそうです。

 

美容整形は別にして、年をとっても飽く無きオシャレ心は見習うべきものがあるようです。