医療ローン

金利と審査について

人間は生身の体ですから、病気や怪我などでいつ高額な医療費が必要になるかわかりません。例え病気にならないように、せっせと健康管理に励んでいても100%防ぐのは不可能です。

 

高額な医療費が必要になったときに助かるのが医療ローンです。このローンの金利は、一般のローンよりも低めには設定されていますが、それほど差がないことが多いようです。

 

そして、医療ローンは先進医療や美容整形など健康保険が適用になら医療費にも使えますが、適用範囲はやはり限られます。その点では使い道が自由な一般のカードローンの方が、生活費が足りないなどの場合にも使えるので便利といえるようです。

 

カード会社や金融会社によっても違ってきますが、便利さから考えると大手のカードローン会社から借りたほうがいい場合も出てきます。

 

カードローンと医療ローンの金利を比較してみると、金融会社によってはカードローンの方が金利が低く設定されている場合もあります。

 

もちろん、医療ローンの方が金利が低くなっている場合もあるので、一概にどっちがいいとは言えませんが。

 

ただ基本的には普通のローンより利息が安く設定されているところが良いところと言われていますね。

 

そこでまた問題が出てくるのですが、金利が安く設定されているだけに、普通のローンより審査が厳しいとも言われています。

 

医療ローンの審査基準というのがありますが、審査の基準は一般のローンよりはやや厳しいとはいうものの、内容的には一般のローンとほぼ同じと言われるでしょう。

 

たとえアルバイトやパート、そして、少額であっても安定した収入を得ている人の多くは医療ローンの申込みをする事が可能とあんっています。

 

しかし、だからと言って100%審査に落ちないか?と言われればそうではありません。やはり、利用状況によっては審査に通らない可能性も有るので注意が必要です。

 

コレは、他のローンやカードローンでも同じことが言えます。例えば、他のローンを利用していて、返済額が多く残っている場合は審査に通りにくくなっています。

 

年収が多ければ問題ないかもしれませんが、少ない場合だと、複数のローンを利用している場合は審査に通るのが難しいと思った方がいいかもしれません。

 

ただ、申込みしてみない事には分からない事なので、利用希望の方はまず申込みしてみるといいでしょう。

 

ちなみに未成年の場合なんですが、医療ローンは未成年者には厳しいので、通らなかったら学生ローンがおススメです。
ただ、未成年者の場合は親の同意書が必要となることを知っておいてください。